山口幸隆(やまゆき社長)のお店(まぐろや黒銀)はどこ?金額や営業時間、口コミは?

情熱大陸
スポンサーリンク

 

今日の情熱大陸では日本一のマグロ仲卸人と言われる山口幸隆さんが紹介されます。

 

 

そんな山口幸隆の会社であるやま幸グループには実際にマグロやにぎり寿司を食べることができるまぐろや黒銀というお店があるんですね。

 

築地場内の仲卸店舗は移動してしまいましたがまぐろや黒銀はまだしっかりと営業しています。

 

今回はそんな山口幸隆さんのお店であるまぐろや黒銀はどこなのか、金額や営業時間、口コミについて調べていきます。

 

スポンサーリンク

山口幸隆(やまゆき社長)のプロフィール

山口幸隆のプロフィールはこちらになります。

 

名前:山口幸隆

年齢:55歳

出身地:東京都

職業:やま幸(やまゆき)代表取締役社長、マグロ仲卸人

 

山口幸隆は1日に50貫を食べるほどのマグロ好きだそうです。

 

山口幸隆は情熱大陸では「日本一のマグロ仲卸人」、「マグロ仲卸人の神」と言われるまで崇拝されています。

 

今では高級すし店からの信頼も厚く、今やシンガポールやハワイの高級店が心待ちにするほどになりました。

 

そんな50貫を食べるほどのマグロ好きな山口幸隆のマグロを食べてみたくありませんか?

 

実際にまぐろや黒銀でにぎり寿司や本マグロやマグロ丼を食べることができるんですね。

スポンサーリンク

山口幸隆(やまゆき社長)のお店であるまぐろや黒銀の店舗情報は?

 

山口幸隆が経営しているお店のまぐろや黒銀の店舗情報はコチラになります。

 

名前:まぐろや黒銀

事業内容:マグロの一般販売

アクセス方法:東京都中央区築地4-10-12

営業所:03‐3544‐7440

お問い合わせ受付時間:7時~14時

事業内容:マグロの一般販売(サク、にぎり寿司)

 

となっています。

 

 

山口幸隆(やまゆき社長)のお店であるまぐろや黒銀のメニュー画像は?

 

こちらがまぐろや黒銀メニューや画像になります。

 


食べログから引用

 

めちゃくちゃおいしそうですよね。

 

私も一回行ったことがありますが本当にマグロを口の中に入れた瞬間にとろけるような美味しさでした。

 

ぜひ一回行ってみることをお勧めします。

 

山口幸隆(やまゆき社長)のお店であるまぐろや黒銀の値段は?

 

山口幸隆のお店であるまぐろや黒銀の値段はどのくらいなのでしょうか?

 

コチラのメニューを見ると

・大トロ3種が1500円

・中トロ4種が1500円

・大トロ丼が1800円

・中トロ丼が1500円

・天然中トロ丼が2000円となっています。

 

食べログから引用

 

山口幸隆(やまゆき社長)のお店であるまぐろや黒銀の口コミは?

 

では実際に山口幸隆のお店であるまぐろや黒銀の口コミを見ていきましょう。

 

 

築地場外にあるまぐろや黒銀 築地本店。

メインどおりにあるので、知ってはいましたが、テイクアウト中心みたいでイートインスペースが長机2個となかなか行けていなかったお店です。

さすがまぐろやだけあって大間産のマグロをさばいており、店頭になんともおいしそうな寿司が並んだので値段も分からず購入しました。大とろ寿司3貫で1,500円となかなかの価格ですが、このクオリティなら納得ですね。めちゃくちゃ脂のってておいしそう!!醤油をかけると脂ではじくぐらいです。

一口いただくと脂の旨みが広がってそのままとけていきます~生臭さはまったく感じず旨みだけ、、、さすが大間産マグロですね。

他にも丼や巻き寿司など魅力的な商品が並んでおりました、、まぐろならここが随一かも。

大阪の黒門市場の黒銀と運営一緒みたい。

 

 

 

早起きしてお台場から築地まで向かいます。

今回は朝ごはんに美味しいマグロ丼をいただくミッション。

 

築地駅下車、徒歩5分。

生まれて初めて訪れた築地市場は、早朝から非常に賑わい活気に満ちてます。

その中で向かったまぐろや黒銀 築地本店 さんへ。

 

朝は8:30からの営業。

早朝から多くの人が取り巻く中、マグロや鮭などを手際よくさばき、どんぶりやお寿司を提供。

ちょっとしたカウンター席が設置され、日本人だけでなく、多くの外国人がお箸でいただいてます。

 

中トロ丼(1,500円)

オーダーしてからさばいて提供。

分厚く大きなトロが敷かれ、中央にシソを挟んでネギトロが置かれてます。

醤油をひと回ししていただくと、舌の上でトロが溶け出し美味しい。

ワサビがピリッとアクセントになってます。

 

サーモン中トロ丼(1,200円)

マグロだけでなく、サーモンも食べたい欲張りさんにはコチラ。

一切れいただきましたが、サーモンの甘みが絶品。

 

世界最大級の魚市場を有し、「日本の台所」と呼ばれる築地市場が83年の歴史に幕を閉じるまであとわずか。

このお店も豊洲という新たな市場で再開され、賑わうんでしょうね。

 

 

 

まぐろや黒銀 築地本店

 

◾︎2018/7

築地場外市場にある本鮪販売店

築地市場駅から徒歩5分

 

営業時間は、8:30〜15:00

定休日は日曜・年末

 

大阪市中央卸売市場にある株式会社黒銀ジャパンが運営している

グループ会社に、株式会社ジャパンシルバーシーズ、株式会社長瀬水産がある

また、東京都中央卸売市場の有名な仲卸大手「やま幸」と業務提携している

2008年 大阪日本橋 黒門市場で、関西でいち早く大間のマグロを取り扱い、大阪価格で提供を始めている

そして2016年、ここ築地場外市場本店がオープン

店舗はここ築地場外市場本店が支店扱いで「やま幸」が主体、大阪市中央区の黒門市場本店が本店相当で

 

こちらは基本的に本鮪の持ち帰り販売店だ

冷蔵ショーケースに、大間など国産天然本鮪の柵、ブロック、お寿司が入っている

丼物も販売している

横にアルミ製作業台を用いた立食いイートインスペースも用意している

作業台の上には麦茶の用意もある

キッチン(鮪解体所?)には大きなまな板と、日本刀のような長細い包丁が置かれている

店員さんは透明な手袋をして鮪のサクから刺身を切っている

 

平日13:00頃に伺った

ちょうど別の立食い客が食べ終わって席が空いた

店員さん曰く、13:00過ぎには売り切れとなる場合があるそうで、今日はもうすぐ閉店するため、サービスしておくとのこと

 

店員さんは数名

何故か若めの女性店員さんが寿司を握っている

 

主なメニューは以下

サーモン赤身丼1000円

サーモン中トロ丼1200円

赤身宝石丼1000円

中トロ宝石丼1500円

大トロ宝石丼1800円

大間中トロ丼2000円

 

ご飯は大盛可能らしい

 

恐らく観光地価格なのだろう

が、他店ではランチでも3500円などのメニューもあるので、まだ良心的にも思える価格設定か?

ただしこちらは立食いであり、更に味噌汁なども付かないので単純比較は出来ないだろう

 

中トロ宝石丼を注文した

特別サービスで大トロも混ぜてくれるとか

いつもの同様のトークとサービスだとは思われるが、悪い気分にはならない

イートインスペースで食べることにした

 

目の前の通りは、平日だからか外国人観光客が目立つ

立食いしていると目線が合う、そして指を指された

ちょっとした舞台に立った気分だ

 

小さめのプラスチック容器に入ったご飯の上に、鮪の刺身(山盛りネギトロ、中トロ、そして大トロ)を山盛りに載せたもの

刺身は厚く大きく切られており、もちろん鮮度も良い

口の中で溶けてゆく鮪

激ウマ

 

ご飯は酢飯

普通に美味しい

量は器が小さいため少なめに感じるが、茶碗一杯程度はあるようだ

 

「美味しい」と店員さんに伝えると、店員全員で「美味しい頂きました!!」の掛け声で返してくれる

 

少々高いが味に満足!

また伺いたい

 

 

全員が味に満足をしていましたね。

 

金額はやはり超一品のマグロを堪能できるので少々高いようですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は山口幸隆のお店であるまぐろや黒銀の口コミや店舗情報、値段について紹介してきました。

 

超一品のマグロを堪能することができて口の中に入れた瞬間にマグロが一瞬にして口の中に解けていく感覚をぜひ堪能してみてください。

 

また山口幸隆さんのプロフェッショナルな働き方も情熱大陸で拝見できるのでぜひ視聴してみることをお勧めします。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

山口幸隆(やまゆき社長)の名言や言葉がヤバい!年収や妻は?

情熱大陸
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント