佐藤隆信社長の顔画像や年収は?新潮45休刊でどのくらい減給した?

news
スポンサーリンク

新潮社は25日の夜に新潮45の休刊について「苦渋の決断だが限りなく廃刊に近い休刊」と説明しました。

 

今回、休刊に追い込まれた新潮45の問題や新潮45の社長である佐藤隆信社長の経歴や年収についてお伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

新潮45が休刊になった原因とは?

 

まず新潮45が休刊となった原因についてみていきましょう。

 

月刊誌「新潮45」が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」などと否定する杉田水脈衆院議員の寄稿を掲載し、更に最新10月号で擁護する特集を組んだ問題で、発行元の新潮社は21日、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられた」と認める佐藤隆信社長名のコメントを発表した。この問題で社としての見解を公式に示したのは初めて。明確に謝罪はしていない。

 

 コメントでは「言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してきた」と説明。その上で10月号の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」の「ある部分」に問題があったと認め、「今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」と続けている。「ある部分」が何を指すかは明らかにしていない。

 

 杉田議員は同誌8月号に寄稿した。内容への批判を受け、最新号は擁護特集を企画。文芸評論家の小川栄太郎氏がLGBTが生きづらいなら痴漢も生きづらいなどと主張し、「彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと書いていた。

 

 この問題を巡っては、新潮社と接点がある作家らからも「差別に加担している」と批判の声が上がり、また同社の文芸部署もインターネット上で「45」への否定的な見方を示唆するなど、社内でも異論が起こっていた。【大原一城】

@niftyニュースから引用

 


新潮45が休刊する理由

 

ではなぜこのような問題が起こったのでしょうか?

 

その理由はこちらです。

 

取材に当たった所太郎氏によると、新潮社側からは「『新潮45』の実売数は1万部前後が続いており、雑誌単体では赤字という状況があった。部数の落ち込みを回復したいという焦りが生じ、試行錯誤の中で無理を積み重ね、編集、文言ひとつひとつの確認が甘くなったのではないか。今後そうした点を見直していかなければいけない」との説明があったといい、きょうの取締役会で佐藤隆信社長と編集担当取締役に対し10%の減給3か月の処分が決定したという。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

Yahoo!ニュースから引用

 

佐藤隆信社長のプロフィールは?

 

では佐藤隆信社長のプロフィールについてみていきましょう。

 

アドタイから引用

 

名前:佐藤隆信(さとうたかのぶ)

生年月日:1956年4月5日

職業:新潮社の代表取締役

出身大学:東京理科大学工学部卒業

出身:東京都

 

となっています。

 

日本の出版業界を支えてきた実業家ですね。

 

では佐藤隆信社長の経歴を見ていきましょう。

 

佐藤隆信社長の経歴は?

 

・1964年:株式会社電通大一部入社

・1985年:株式会社新潮社入社

・1988年:取締役就任

・1993年:取締役副社長に就任

・1996年:代表取締役社長に就任

 

となっています。

 

佐藤隆信社長の年収は?

 

では佐藤隆信社長の年収はどのくらいなのでしょうか?

 

佐藤隆信社長の年収を調べてみましたが詳細情報は分かりませんでした。

 

ただし今回の問題で10%の減給が3ヶ月分の処分が決まったそうですね。

 

きょうの取締役会で佐藤隆信社長と編集担当取締役に対し10%の減給3か月の処分が決定したという。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

Yahoo!ニュースから引用

 

ネットでの声

 

では今回問題になった新潮45の問題についてのネットでの声を見ていきましょう。

 

この問題、LGBT当事者よりその活動家に利用されてしまった感がある。

この件が、腫れ物になる事は当事者も望まないだろうし、回り回って否定派の意見の証明になってしまうのも残念だ。

 

理解しようとしても、話題にするのも適さないとしてしまいそうだ。

この流れ、無視してはいけない事だと思う。

 

違う意見を認めないの連鎖、これはいけない。

 

LGBTを受け入れられない人たちの意見を聞かないで 押し付けをしたらなおさらLGBTを嫌いになるだろう。

反対意見も発信すべきだと思う

もちろん内容にはある程度考慮しながら

 

本質はもっと違うところにある。

雑誌にとって重要なのは掲載広告と言われている。だから出稿された宣伝広告費があるこらこそ雑誌は発行し続けられている。

 

新潮45の問題の本質は、あんな内容であるにも関わらず、それでも雑誌に宣伝を載せている、つまり雑誌を存続させるために金を払い続けている広告企業の存在こそが問題の本質ではないだろうか。

だから、広告を載せている企業は、新潮45に加担していることと同じである。

 

金を払って出稿している広告主にも責任がある。

この問題に苦情を言うなら、正々堂々と広告主にも言うこそが正論であろう。

Yahoo!ニュースから引用

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

いきなり新潮45の休刊に関しては違和感しかなく、何か違う圧力が働いたとしか思えません。

 

まだ詳細情報が分かっていないので詳細情報が分かり次第、追記していきます。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

矢吹勇祐の顔画像やFacebookは?暴力団組員を逮捕!動機がヤバイ

news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント