成田順(札幌の警察官)が麻薬所持で逮捕!画像や経歴、年収は?汚職の原因は金か?

news
スポンサーリンク

 

衝撃的なニュースが入ってきました。

 

札幌中央署薬物鈍器対策課巡査部長の成田順が覚醒剤取締役法違反で逮捕されました。

 

今回はそんな成田順容疑者の顔画像や年収や家族、麻薬に手を染めた原因について調べていきます。

 

スポンサーリンク

成田順(札幌の警察官)を覚醒剤容疑で逮捕

 

まずは事件の概要を確認してみましょう。

 

こちらが事件の概要となります。

 

 北海道警は10日、札幌中央署薬物銃器対策課巡査部長の成田順おさむ容疑者(46)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、成田容疑者は10日午後7時55分頃、札幌市東区の路上で覚醒剤を所持していた疑い。調べに対し、容疑を認めているという。当時は勤務時間外だった。道警は所持量について明らかにしていない。

 

 成田容疑者は今年4月から札幌中央署薬物銃器対策課に勤務。前任の室蘭署などを含めて通算約10年半、薬物事件を担当する部署に在籍していた。道警監察官室の尾辻英一室長は「言語道断の行為であり、痛恨の極み。道民の皆さまに深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。

@niftyニュースから引用

 

表向きから見ると成田順がヤバいやつに見えるかもしれません。

 

ですが結構こういった警察官が麻薬などで捕まっているケースって多いんですよね。

 

昔、大阪府警の銃器対策課の方も覚醒剤で捕まっています。

 

ですが彼らは根っからの悪い人間ではありません。

 

きっと成田順も同じでしょう。

 

警察官を目指すのであればおそらく最初から麻薬をやろうと考えて警察官になるはずがありませんよね。

 

間違いなく入社当時は正義感にあふれていたはずです。

 

ではどうして成田順は麻薬に手を出してしまったのでしょうか?

 

まずは成田順のプロフィールや年収、経歴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

成田順(札幌の警察官)のプロフィールは

 

名前:成田順

年齢:46歳

職業:札幌中央署薬物鈍器対策課巡査部長

住所:不詳

 

となっています。

 

46歳であれば結婚していてもおかしくない年齢ですし、家族やお子さんがいたのかもしれません。

 

なのにどうして麻薬に手を出してしまったのか気になりますよね。

 

成田順(札幌の警察官)の顔画像は?

 

成田順の顔画像の詳細情報はまだ非公開となっていますので詳細が分かり次第、追記していきます。

 

Facebookのアカウントも特定できませんでした。

Facebookのアカウントはこちら

 

成田順(札幌の警察官)の年収は?

 

恐らく成田順の年収は部長クラスなので800万円から1000万円近くあったと予想することが出来ます。

 

そんな給料をもらっていてもし、家族や子供がいたとしたら麻薬なんてやるはずありませんよね。

 

正義感が強く、相手の思いやりが誰よりも強そうな警察官であれば子供の養育費用や旅行や美味しいものを食べるためにお金を使うはずです。

 

そのために家族を支えるためにもっと仕事をがんばるか、家族に時間やお金を使ってあげるはずです。

 

成田順(札幌の警察官)が麻薬に堕ちた原因は金か?

 

ですがそういった優秀な人ほど麻薬に堕ちてしまい人生が台無しになってしまうケースが多いのです。

 

成田順は札幌中央署薬物鈍器対策課巡査部長としてかなり優秀だったと伺えます。

 

優秀な人間は麻薬捜査のために暴力団とつるんで、おとり捜査や潜入捜査をしなければいけません。

 

そのために目の前に覚せい剤をっ打されたら自分も打たないと信用してもらうことが出来ないんですね。

 

ある意味、警察関係の闇の部分となりますが大きなグループ組織の暴力団であるほど警察官が暴力団のグループの中に単独で入っておとり捜査をするのが基本となります。

 

これは手柄を立てるために仕方ないことだと思います。

 

でなければ暴力団にバレてしまい、殺されてしまう可能性だって出てきますからね。

 

最初は自分でコントロールできるので良いですが段々と覚醒剤を打ちながらお金や女などの物欲を受取っていると警察官への正義感が段々と薄れてきてしまう方も中に入るんですね。

 

または家族のことや子供のことが暴力団にバレてしまい、脅されて自分が捕まえようとしているのにやくざの犬としてされてしまうケースが多いと聞きます。

 

もしかしたら成田順が逮捕されたのはそういったことが原因だったかもしれませんね。

 

ネットの声は?

 

では実際に成田順が起こした事件に対してどのように世間は思っているのでしょうか?

 

 

「ミイラ取りがミイラになる」の実例ですね。

薬物対策の警察官には、まちがっても自ら薬物に手を染めないよう日頃のケアが大事でしょう。

 

 

警察って、不祥事あってもあんまり責任取った辞任をしないよね。結構シャレにならん事だと思うが。。

 

 

警察官不祥事には署内の秘密主義が絡み なかなか記事のみじゃ真相が判らない感が残る。

相当な抵抗が在ると思うが 内部監察だけの制度では限界を迎えてるのは事実である とも思う。

 

 

ネットでの声は成田順のことが叩かれていますが私は暴力団と警察官の犠牲になったのが成田順だと思っています。

 

部長クラスまでの警察官になるためには相当な努力とセンスが必要になってきます。

 

成田順は間違いなく優秀な警察官でした。

 

ですがこのような事件が起こってしまったのは警察と暴力団とのパワーバランスをとるための1人の犠牲ではなかったのかと思うのが本心です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は成田順が麻薬所持で逮捕された原因経歴についてみてきました。

 

麻薬をやろうと思う人間が警察官になろうとは絶対に思いませんよね。

 

警察官になるために様々な努力をしてきたということは間違いなく正義感が誰よりも強く、多くの国民が安心して生活できるように警察官を志したでしょう。

 

ですが成田順が麻薬で逮捕されてしまったのは本当に警察と暴力団の関係、日本の闇に飲み込まれたからなのではないのでしょうか?

 

また詳細情報が分かり次第、追記していきます。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

鎌田千絵の顔画像を特定!男装し裁判官を暴行した動機がヤバすぎる

news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント