カミンスカス操(かみんすかすみさお)の本名やFacebook、顔画像を特定!巧妙な手口がヤバかった

news
スポンサーリンク

 

大手住宅メーカーである積水ハウスが東京都の西五反田の土地取引を巡って約55億円を騙し取られた事件でカミンスカス操(みさお)が主犯格だという事が分かりました。

 

今回はカミンスカス操(みさお)の国籍や本名、特定されたFacebookや顔画像、巧妙な手口について調べていきます。

 

スポンサーリンク

カミンスカス操(みさお)が起こした事件の詳細

 

カミンスカス操が起こした事件はこちらになります。

 

大手住宅メーカー「積水ハウス」が、いわゆる「地面師」グループに55億円をだまし取られた事件で、警視庁は男女8人を逮捕しました。

 

 逮捕されたのは職業不詳、羽毛田正美容疑者(63)ら8人で、去年6月、東京・品川区のおよそ2000平方メートルの旅館の跡地について法務局に偽造した書類などを提出し、無断で所有権を移そうとした疑いが持たれています。

 

 羽毛田容疑者は土地を所有していた旅館の女将(70代)になりすまし、数日前に海外に逃亡したカミンスカス操容疑者(58)らとともに、積水ハウスに土地の購入をもちかけました。そして、偽造パスポートなどを見せて信用させる手口で、土地の代金55億円をだまし取ったとみられています。

 

 取り調べに対し、羽毛田容疑者は「土地の所有者になりすましたことは間違いありません」と供述しているということで、警視庁は今後、積水ハウスに対する詐欺の疑いでも調べる方針です。(16日21:30)

TBSニュースから引用

 

カミンスカス操が主犯格の用で現在はフィリピンに逃亡中だそうです。

 

ではカミンスカス操の人物像や本名についてみていきましょう。

 

[ad]

カミンスカス操(みさお)の本名や国籍、プロフィール

 

こちらがカミンスカス操の本名やプロフィールになります。

 

名前:カミンスカス操(みさお)

本名:小山操(こやまみさお)

生年月日:1960年

年齢:58歳

住所:不詳

職業:詐欺師

 

となっています。

 

 

カミンスカス操(みさお)の顔画像は?

 

こちらがカミンスカス操の顔画像になります。

コチラの画像はカミンスカス操がフィリピンに逃亡する時に羽田空港で撮影されていた時の写真となります。

 

しかもカミンスカス操のFacebookのアカウントも特定出来ました。

カミンスカス操Facebookアカウント1

カミンスカス操Facebookアカウント2

カミンスカス操Facebookアカウント3

 

カミンスカス操(みさお)を調べてみると3つ以上のFacebookアカウントを発見しました。

 

いったい何者なのでしょうか?

 

カミンスカス操(みさお)が仕組んだ巧妙な手口が明らかに

 

主犯格であるカミンスカス操(みさお)が考えた詐欺の手口が分かりました。

 


FNNから引用

 

手口はまず羽毛田容疑者が本来の地主である70代女性の名義でパスポートを偽造し、それを証明書代わりに品川区役所で印鑑登録をして地主になりすまし、積水ハウスに土地の売却を持ちかけたそうです。

 

また羽毛田容疑者は積水ハウスからおよそ7億5000万円のマンションを購入する契約を結んでいた層です。

 

そして土地代金およそ63億円からマンションの代金である7億5000万円を差し引いた55億円を支払ったそうです。

 

またこの手の詐欺は今がめちゃくちゃ儲かり時だそうですね。

 

地面師を知る人は、「時期的にバタバタ土地を売ったり、オリンピックに向けて買い上げたり、焦っている業者さんが結構いる。その焦りで、ちょっとしたミス、見落としたりとかあって、そこを狙ってくる。(地面師は)もうかりますよ。詐欺師の中でも、一番最高級」と話した。

FNNから引用

 

恐ろしいですね。

 

カミンスカス操(みさお)が起こした詐欺事件に対してのネットでの声は?

 

こちらがネットでの声になります。

 

 

これだけの商取引、上にも稟議・決裁を仰いで会社としての了解を得て動いてたはず。現場レベルの社員に全責任を押し付けてサラリーマン人生に幕を下ろさせるようなことはしないでほしいね。

 

 

 

女以外の連中は善意の第三者を主張します。つまり女が自分の土地だというから手伝っただけだ。最初から捕まることを前提にした詐欺なのです。そして起訴されても証拠がないので無罪になる。女が犯罪を一人で全部ひっかぶることが仲間になる前提条件です。ほかの連中は当然分け前を貰いますがこれは手伝った当然の報酬だと主張します。セキスイはこの善意の第三者に対して金を返せとは言えません。裁判でも勝てない。女は当然有罪になりますが、金がどうなったかは知らないでしょう。つまり女も絶対捕まらないから大丈夫と誰かから言われていたのです。さぁその黒幕は誰でしょう?勿論登記手続きをした司法書士も善意の第三者を主張します。セキスイが金を取り戻すことはもはや不可能です。

 

 

一般の住宅の売買でも危険があります。通常の仲介(売買)では、買主の年収や勤め先や融資の可否は調べますが、売主さんに関しては抵当権と残高くらい。抵当権がなければ、住民票と免許証くらいで大丈夫。売主を装い、決済まで行わず、手付金詐欺程度ならいくらでもできる。気を付けないとね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はカミンスカス操(みさお)が主犯である55億円の詐欺事件について調べてきました。

 

確かにオリンピックが目前と迫って不動産業界は土地が値上がりしたり、寝下がったりなど市場がシビアな中で色々と動いていると思います。

 

そんな抜け目を狙ってくる詐欺師はヤバいですね。

 

あなたにおすすめの記事はこちら

生田剛(いくたつよし)を逮捕!顔画像は?積水ハウスをだました地面師グループがヤバすぎる

[ad]

news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント