グーグルプラスの終了はいつ?Facebookに勝てなかったから?個人情報流出の恐れ?

news
スポンサーリンク

 

グーグルは8日に交流サイトであるグーグルプラスの個人向けサービスを終了すると明らかにしました。

 

今回はその原因や個人情報流出のリスクがどこにあったのかについてお伝えしていきます。

 

2.グーグルプラスが終了のお知らせ

 

グーグルはグーグルフォトに続いてグーグルプラスを終了すると発表しました。

 

交流サイト「Google+(グーグルプラス)」の個人向けサービスを終了すると明らかにした。同サービスを利用していた最大50万人のユーザーの個人情報が外部流出する恐れがあることが判明したため、と説明している。

 

グーグルによると、ソフトウエア上の問題により、今年3月までの2年以上にわたり、社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていた。問題は現在は解決済みで、情報が悪用された形跡はないという。

ロイターニュースから引用

 

では原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグルプラス終了の原因1:個人情報流出の恐れ

 

1つ目の原因として個人情報の流出の恐れがあるそうです。

 

グーグルによると、ソフトウエア上の問題により、今年3月までの2年以上にわたり、社外の開発者が個人情報を閲覧できる状態になっていた。問題は現在は解決済みで、情報が悪用された形跡はないという。

ロイターニュースから引用

 

またGoogleは問題を調査した結果、「開発者がこのバグを認識していた証拠はなく、個人データが悪用された証拠もなかった。」と公表しています。

 

グーグルプラス終了の原因2:Facebookに勝てなかったから

 

 グーグルは、グーグルプラスがフェイスブック(Facebook)のライバルになり得るだけのけん引力を持てなかったと認めた。

 

 同社広報担当者はサービス終了決定の理由として「消費者の期待に応えられる、成功といえるグーグルプラスを生み出し維持することは多大なる挑戦」であったことに加え、「利用も非常に低調」だったことを挙げた。

JIJI.comから引用

 

Facebookの力に勝つことが出来ずに撤退した可能性もありますね。

 

ネットでの声は?

 

では実際にネットでの声を見ていきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はグーグルプラスが終了する原因についてお伝えしてきました。

 

Facebookも脆弱性が発覚しアカウント5000万件の認証情報流出したばかりです。

 

世界的トップの大手企業に何が起こっているのか気になるところですね。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

古圧晃の顔画像は?虎に襲撃され死亡!平川動物園と特定!

news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント