後閑匠海(ごかんたくみ)の顔画像は!?石灯籠で亡くなった真相がヤバすぎる!

news
スポンサーリンク

 

群馬県高崎市上里見町の下町公民館の敷地内で石灯籠によじ登っていた後閑匠海(ごかんたくみ)が転落して外れた灯籠に挟まって亡くなりました。

 

今回は後閑匠海の顔画像や事件の詳細について調べていきます。

 

スポンサーリンク

後閑匠海(ごかんたくみ)が石灯籠に挟まり亡くなる事故の詳細は?

 

18日に群馬県高崎市上里見町の下町公民館の敷地内で、石灯籠によじ登って遊んでいた近くの中学1年生の後閑匠海(ごかんたくみ)が転落して亡くなりました。

 

18日午後8時10分頃、群馬県高崎市上里見町の下町公民館の敷地内で、石灯籠(高さ約2・8メートル)によじ登って遊んでいた近くの中学1年後閑匠海(ごかんたくみ)君(13)が転落してあおむけに倒れ、外れた灯籠の先端部分(重さ約53キロ)が腹部を直撃した。後閑君は約3時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 

 高崎署によると、現場では周辺住民が集まって太鼓の練習をしており、後閑君は練習に参加した後、複数の友人と敷地内で鬼ごっこをしていたという。

読売新聞から引用

 

では実際に後閑匠海のプロフィールを見ていきましょう。

スポンサーリンク

後閑匠海(ごかんたくみ)のプロフィールは?

 

後閑匠海のプロフィールはこちらになります。

 

名前:後閑匠海(ごかんたくみ)

年齢:13歳

住所:群馬県高崎市上里見町

職業:中学生

となっています。

 

では実際に後閑匠海の顔画像を見ていきましょう。

 

後閑匠海(ごかんたくみ)の顔画像は?

 

後閑匠海の顔画像をしらべてみましたが詳細情報が分かりませんでした。

 

また詳細情報が分かりましたら追記してお伝えしていきます。

 

後閑匠海(ごかんたくみ)な亡くなった石灯籠がある公民館は?

 

後閑匠海は群馬県高崎市上里見町の下町公民館で遊んでいて事故が起きてしまったそうです。

 

 

こちらがその石灯籠です。

 

読売新聞から引用

 

では実際にネットでの声を見ていきましょう。

 

後閑匠海(ごかんたくみ)が巻き込まれた事故に対してのネットでの声は?

 

こちらが後閑匠海が巻き込まれた事故に対するネットでの声になります。

 

 

小学生の時、家の門柱によじ登ろうと上層に手をかけた瞬間、上層の石ごと落下し、石の下敷きになった太ももが骨折したことがあります。

親は医者から足の成長が止まるかもしれないと言われかなり悩んだようです。

 

 

 

最近の門柱は知りませんが、

平成以前の門柱はリアルな石を使っていたこともあり、かなり不安定な物でした。

 

遊具であれば責任を問われるが、

これは登ってはいけない。

 

 

少年とそのご家族には気の毒なことですが、灯籠に上ってはダメでしょう。訴訟などになって、灯籠が撤去されるようなことにならないよう願います。

 

後閑匠海(ごかんたくみ)の顔画像は!?石灯籠で亡くなった真相がヤバすぎる!のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は後閑匠海が石灯籠に挟まってなくなる事件の詳細やプロフィールについて調べてきました。

 

何が起きるのか分かりませんね。

 

後閑匠海には心よりお悔やみ申し上げます。

 

あなたにおすすめの記事はこちらです。

井原幸夫(いはらゆきお)の顔画像は!?乗用車が大破した画像がヤバすぎる!

 

スポンサーリンク
news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント