AirDrop(エアドロップ)痴漢がワイドナショーで取り上げネットで話題!?対抗策は?

news
スポンサーリンク

 

ワイドナショーでAirDrop(エアドロップ)痴漢が取り上げられ、ネットで話題になっています。

 

ではAirDrop(エアドロップ)痴漢とはいったい何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

AirDrop(エアドロップ)痴漢とは

 

AirDrop痴漢とはApplek社製品同士でデータを共有できる「AirDrop(エアドロップ)」のサービスを利用して他人から卑猥な画像などを送りつけられたという報告がネット上で被害が相次いでいるそうです。

 

被害を報告している一人、フリーライターのニシブマリエさん。10月3日午後7時すぎごろ、東急東横線中目黒駅で「AirDrop痴漢」に遭遇したという。

 

駅の改札からホームに向かう構内で、ニシブさんが使用しているiPhoneに通知が送られてきた。「この画像を受け取りますか?」と書かれた通知とともに自分のスマホに表示されたのは、男性器の写真だった。

 

「気持ち悪い!」。もちろん、ニシブさんはすぐさま受け取りを拒否し、「辞退」をタップしたが、その後も2度、同じ画像が続けて送られてきたのだという。

 

帰宅ラッシュの時間帯。駅構内には大勢の人がいた。送ってきた犯人がどこにいるのか、全くわからない。何もできないまま、そのままニシブさんは目的地へと向かった。

 

気になって帰宅後にTwitterでつぶやくと、既に逮捕者も出ていることがわかった。「本当に気持ちが悪かった。加害者はいたずらのつもりかもしれないが、犯罪であることを認識すべき。新たな被害者が出ないよう、取り締まってほしい」と話す。

 

必ず目に触れる仕組み

例え見知らぬ人から不審な画像や動画が送られてきたとしても、受け取るかどうかは、受信者側が選ぶことができる。しかし、送信された時点でスマホ上には、プレビュー画像が表示されてしまい、必ず目に触れてしまう仕組みになっている。

 

一方で、プレビュー画像とともに表示される送信者の情報は、送信者側が入力した名前だけ。ほぼ匿名に近い状態で、誰から送られたかを特定することは難しい。

 

わいせつ画像に限らず、いたずら目的なのか不快な画像が送られた例もネット上では報告されている。また、この問題は日本国内だけでなく、欧米でも同様の被害が報じられている。

HUFFPOSTから引用

 

ではAirDrop痴漢はどのような罪になってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

AirDrop(エアドロップ)痴漢の逮捕例は?

 

AirDrop痴漢は県迷惑防止条例違反で逮捕されるそうです。

 

2018年5月には兵庫県内を走行中だったJRの電車内で向かいに座る女性に対して局部の画像を送ったとする県迷惑防止条例違反の容疑で、会社員の男が逮捕された。

 

また、8月にも大阪府内を走る南海電鉄内で、わいせつな画像を送ったとする府迷惑防止条例違反容疑で、会社員の男が逮捕されている。

 

兵庫県の事例では、不審な動きをしていた容疑者に女性が気づいて写真を撮影したこと、大阪府の事例では、近くにいた目撃者が容疑者のスマホ画面を見て問い詰めたことから逮捕に至ったという。

HUFFPOSTから引用

 

AirDrop(エアドロップ)痴漢の被害がヤバい(気づいていない人多数)

 

こちらがAirDrop痴漢に対するネットでの声になります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はAirDrop痴漢について触れてきました。

 

AirDrop痴漢はまだ認知度が低く、実際に被害を受けていても気づいていない人が沢山います。

 

実際に被害にあって詐欺にあうケースもあるので気を付けるようにしましょう。

 

あなたにおすすめの記事はコチラです。

御手洗哲郎(みたらいてつお)を逮捕!国土交通省の処分は?画像は?動機がヤバすぎる

news
スポンサーリンク
adminをフォローする
ドラオタ|最新ドラマまとめファンクラブ

コメント