スポーツ

三宅義行の顔画像は?重量挙げでパワハラ問題の真相とは

Pocket

スポンサーリンク

アマチュア競技団体にパワハラ疑惑が浮上しています。

 

三宅義行さんはウェイトリフティング協会会長で女子日本代表監督を兼務しています。

 

そんな三宅義行さんがパワハラ疑惑が浮上してきました。

 

今回は三宅義行監督の顔画像や事件の詳細について調べていきます。

 


三宅義行さんがパワハラ疑惑が浮上

 

まずは事件の詳細をご覧下さい。

 

アマチュア競技団体に、またパワハラ疑惑が浮上である。メダル有力種目の一つであるウエートリフティングの選手が日本協会幹部による嫌がらせを告発していたことが日刊ゲンダイの取材で分かったのだ。

 

「幹部」とは日本ウエイトリフティング協会会長で、女子日本代表監督を兼務する三宅義行氏(72)。五輪の女子48キロ級で2大会連続メダル(ロンドン銀、リオ銅)を獲得した三宅宏実(32)の父親でもある。三宅会長が真相を問いただされた今月初めの常務理事会は大紛糾した。

 

■「俺にあいさつもないのか」

 

 9月1日に東京・渋谷区の岸記念体育会館で行われた協会常務理事会。滞りなく進行していた会がにわかに不穏な空気に包まれたのは1人の常務理事の発言がきっかけだったという。全ての議事が終了した直後、三宅会長によるパワハラ疑惑の真偽を問う発議があったのだ。

 

 問題となった告発文は、数年前に協会に提出された。告発したのは女子のトップ選手。そこには、三宅会長から受けた嫌がらせが列挙されていた。その一例を挙げると「練習メニューが気に入らない」という理由でコップを投げつけられたり、合宿地である「ナショナルトレーニングセンター(NTC)から出て行け」と命じられたこともある。さらにNTCの食堂で三宅会長にあいさつせずに食事を取ると、「俺にあいさつもないのか」と怒鳴られたことなどが記されているという。

 

 この文書の存在を明らかにした理事が三宅会長を問いただすと、告発文書の存在を認めたうえで、「選手のコーチが持参した。事務局長と専務理事と会長(本人)でそれを全部読んだ。(パワハラ行為が)いっぱい書いてありましたが、ほとんどが嘘だった。だから、パワハラはなかったと認定しました」と答えたという。

 

 押し問答となり、理事会は紛糾。常務理事会は通常、午後4時から始まり、2時間程度で終了するが、この時は結論が出ないまま8時すぎまで続いたという。

 

 当日の常務理事会について協会に聞くと、担当者は「協会としてはコメント致しかねます」とのこと。

 

■「当事者の話を聞かないのは違法」

 

 日刊ゲンダイの取材で、三宅会長を追及したのは、協会常務理事の古川令治氏であることが分かった。古川理事は元慶応大学ウエートリフティング部監督で、現在は公益社団法人・経済同友会の幹事を務めている。その古川氏に話を聞くと、「三宅会長を筆頭に協会幹部がもみ消しを図ったと言わざるを得ません」とこう続ける。

 

「協会の規定では、トラブルが生じた際には、まず訴え出た当事者の話を聞き、そのうえで倫理委員会を開いて、調査を行うと記されているんです。今回の件では、会長以下、協会幹部数人が文書に目を通しただけで、本人にヒアリングすら行わずに『パワハラはなかった』と認定した。これでは欠席裁判です。ろくに調査もせずに終えたとするのは明らかに違法ですよ。当日の常務理事会で、弁護士、会計士を入れた倫理委員会を開いて、改めて調査するように提案しましたが、三宅会長は『もう、終わった話だから』の一点張り。聞く耳すら持ちませんでした。そもそも、パワハラはなかったと認定した協会の専務理事、事務局長、それに、告発文書を持参したコーチは全て、三宅会長の母校(法政大学)の後輩です。大学の後輩ばかり集めてパワハラがなかったと結論付けるのは公平性に欠けます。明らかな規約違反にもかかわらず、常務理事会では終わったことになっている。次回の理事会で改めて問題提起したいと思っています」

 

 レスリングにしろ、ボクシングにしろ、パワハラの当事者は対応を誤って後手を踏み、自らの首を絞めた揚げ句、最後は解任や辞任に追い込まれた。同じアマチュア競技団体のトップとして同じ轍を踏まないためにも、三宅会長と協会は早急に公正に調査し、事実を明らかにする必要がある。

@niftyニュースから引用

 

とのことです。

 

では三宅義行さんのプロフィールを見ていきましょう。

 


三宅義行さんのプロフィール

 

三宅義行さんのプロフィールはこちらになります。

 

名前:三宅義行(みやけ よしゆき)

生年月日:1945年9月30日

出身地:宮城県柴田郡村田町

出身大学:法政大学

 

となっています。

 

三宅義行さんは法政大学卒業後、1度陸上自衛官の職に就き、自衛隊体育学校に在籍しながら23歳の時にメキシコシティオリンピックで重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得しています。

 

では三宅義行さんの顔画像を見ていきましょう。

 

三宅義行さんの顔画像は?

 

三宅義行さんの顔画像はこちらになります。

@niftyから引用

 

三宅義行さんの娘さんは2012年のロンドンオリンピックで48㎏級銀メダリスト、2016年リオデジャネイロオリンピックの48㎏級で銅メダリストとして活躍しています。

 

三宅義行さんが結婚した妻は?

 

三宅義行さんが結婚した奥さんは三宅義行育代さんで現在は66歳です。

 

音楽大学を卒業後にピアノの先生をしていて、中学3年生まで三宅宏美さんにピアノを教えていました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

三宅義行さんのパワハラ疑惑。

 

正直、常人が理解できない厳しい指導があったからこそ結果がついてくると思っているのですが中々受け入れられないかもしれませんね。

 

マスコミが右を向けば大衆が右を向くというこの世の中にも少し疑問を感じます。

 

まだ三宅義行さんのパワハラ疑惑は超さちゅという事であり、詳細が分かり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. セリーナの警告内容や動画は?ペナルティーの罰金金額がヤバすぎる
  2. 大坂なおみが優勝!優勝賞金や2018年の年収を調べてみたらとんで…
  3. セリーナの警告のコーチングのインタビューで発覚!裏側の真相がヤバ…
  4. 大坂なおみのインタビューで珍回答連発!米Twitterでトレンド…
  5. 大阪なおみが決勝へ!海外メディアも注目する決勝の日程は?
  6. 大坂なおみ優勝スピーチ!試合後セリーナのコメントも!
  7. 大坂なおみブーイングの理由は?優勝しても謙虚に海外の反応も熱狂

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitterのタイムライン

PAGE TOP